質の良い睡眠のカギは自律神経にあります

ぐっすり眠って目覚めた朝、お肌の調子は最高によいものですよね。眠っている間は成長ホルモンが分泌され、お肌の生まれ変わりを促してくれると言われています。お肌のゴールデンタイムという言葉も耳にしますが、最近では何時に寝ても質の良い睡眠さえとれていればよいという説もあるようです。

ではどのようなことを心がければ、質の良い睡眠をとることができるのでしょうか。今回は睡眠と光の関係についてご紹介したいと思います。

良い眠りのためには自律神経のバランスを整えることが大切です。自律神経は交感神経と副交感神経が交互に働くことでバランスを保っています。眠る前に強い光を見ると交感神経が刺激されて、熟睡を妨げてしまいます。リラックスを促す副交感神経を働かせるためには、眠る一時間ほど前にパソコンやスマホの作業を終えて、部屋の明かりを薄暗くし始めるとよいでしょう。

とは言っても、寝る前にスマホを見るのが習慣だという方もいらっしゃいますよね。そのような方はスマホの画面を暗転させて、黒ベースの画面にするとよいでしょう。これならすぐに挑戦することができると思います。

睡眠は一日の1/3もの長さを占めています。この時間をを質のよいものにして、揺るぎのない美肌を手に入れたいですね。

ホテルラバーズカラコン 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です