小説「妖怪アパートの幽雅な日常」にハマっています!

最近私は、はまっている小説があります。
それは「妖怪アパートの幽雅な日常」です。
著者は香月日輪さん、もう10年前に書かれた小説ですが、結構有名な小説なのではないでしょうか。
私も名前は知っていたのですが、実際に読んだことはありませんでした。
なのに、なぜ急に読むことになったのか。
それは、友達からのすすめです。
本の話になったときに「面白いから絶対読んでみて!」と強く勧められたのです。
「そこまで強く言われたら読まないわけにはいかないな…」
そんな気持ちで図書館で借りて読み始めたわけですが、読んでみると本当に面白い!
ストーリーは、両親を亡くした高校生の男の子が、幽霊や妖怪の住みつくアパートで暮らし始めたことで、すさんだ状態から自分らしさを取り戻し、成長していく…。
そんな物語です。
ストーリー自体は現実離れしていますが、文章が創造性に富んでおり、頭の中にその世界観をリアルに思い描くことができます。
また、登場人物1人1人の個性がハッキリしていて、どの人物も存在感がある。
それなのに、ガチャガチャした感じが無くきれいにまとめられているのです。
全10巻あるので、まだまだ先は長いですが、1巻1巻大切に文章をかみしめながら読んでいきたいと思います。
フィット 値引き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です