先人の知恵の結晶、湯たんぽ革命

寒さの厳しい季節に欠かせない暖房設備の中でも湯たんぽは、ベッドの中にも持ち込むことができる昔ながらの工夫が詰まった先人の知恵の結晶です。 現在は湯たんぽも進化しており、新たに購入するときの参考にしてほしいいくつかを紹介します。

湯たんぽを抱きしめて眠る人もいると思いますが、最近では、女性に人気がある可愛らしいぬいぐるみの姿をした湯たんぽが登場しています。 とても肌触りが良い動物のぬいぐるみの中にお湯を入れる耐熱性のプラスチック容器が隠れています。 外国製のブランドものが流行しているようです。 抱き枕の要領でふかふかの湯たんぽを抱いて眠れば、きっと安眠できることでしょう。

とても安全な進化した湯たんぽは、お湯を沸かす必要がなく、水道代も節約できるそのままレンジで温めるだけで使うことができます。 また、湯たんぽ大国ドイツの「ファシー社」が手がけた湯たんぽは、「ラジエーター」という加工された特殊プラスチックで作られ、柔らかい表面にヒダがあるのが特徴です。上手く熱伝導を制御し、低温火傷を防ぐ効果があります。

まだ日本ではあまり知られていないカイロと湯たんぽのあいのこのような「チェリーストーンピロー」は、スイス生まれのさくらんぼの種を詰めた保温・保冷剤で、地球に優しい自然由来の非常にエコな湯たんぽです。 海外ではポピュラーなこの商品が、ついに日本でも通販等で購入できるようになりました。コロコロとした独特の手触りと、ほのかに香る果実の種の爽やかで甘い香りがとても魅力的です。

現在、身につけるタイプのルームシューズと一体化した湯たんぽなどもあり、温めるところによって使い分けるのがよいでしょう。 これからの季節、直接肌に触れ合える「温」として、あなたの湯たんぽを探してみてはいかがでしょうか。
ムーヴ 維持費

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です