ただしいマツエクのケアの仕方

私はマツエクを高校生の時から付けています。
それまではつけまつげを使用していましたが、つけまつげだとボリュームがありすぎて不自然だったり、綺麗に装着できないとバレてしまうのでマツエクに変えました。

だいたい3週間に1度程度でリペア(お直し)をすると経済的にも見た目的にもちょうど良いかなと思います。
マツエクは個人のケア次第で持ちの良さや見た目が大きく変わります。
マツエクが取れてしまうだけならまた直すことができますが、自まつげも一緒に取れてしまうと元も子もありません。

なので洗顔をする際や化粧をする際に細心の注意を払います。
顔を洗う際は、オイルを使わずに泡を立てて優しく洗います。
まつげ自体にはほとんど触れないようにして、うまく指先を使って洗顔したあとは、毛羽立っていないタオルで、ゴシゴシこするのではなくたたくように顔を拭きます。

化粧をする際、マツエクの量が減ってくるとマスカラをつけたくなりますが、マツエクが取れる原因になってしまうので、まつげは触らないようにしています。
また洗顔時に目元を強く洗わなくて済むように、アイシャドウも薄めに付けています。

マツエクは、高校時代は学校で禁止されていましたが、長さや太さ、デザインを選ぶことができ、シンプルなバレにくいデザインにしていたので、最後まで疑われませんでした。
個人の好みや職種などに合わせることができるので年齢も気にせずに付けることができます。
最近ではカラーのまつエクもあり、若者の間で流行っています。

【まつ毛が生える美容液!?】一番生えるまつ毛美容液はコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です