脱毛の傷みを抑えるケア方法

サロンや医療機関で脱毛を受けたとき、痛みを強く感じたことがありませんか。サロンでは主に光脱毛、医療機関ではレーザー脱毛を受けることができるのですが、どちらの脱毛も光を利用して脱毛をしています。脱毛に使用している光はメラニンに反応をする性質があり、毛のメラニンに反応をして、毛が熱のエネルギーを吸収し、ダメージを受けることで脱毛が促されます。このときに熱が発生するので痛みを感じます。

できれば痛みは感じたくありませんよね。また、痛みを強く感じると脱毛器の出力を上げることができないので、脱毛効果が低くなってしまいます。痛みを感じないためには、普段からの肌のお手入れが大切です。

肌にはバリア機能があり、外部刺激から守ってくれています。バリア機能が低下をしていると、脱毛の傷みを強く感じます。

肌のバリア機能を回復させるために行いたいことが保湿です。乾燥をしているとどんどん肌の状態が悪くなるので、保湿をして肌を保護してあげましょう。

おすすめの保湿成分はセラミドです。セラミドはもともと人の肌に存在している成分ですが、バリア機能が低下している方は肌のセラミドが減少をしています。セラミドにはバリア機能の回復を手助けする働きもあります。

セラミドは脂溶性成分なので、クリームに配合されていることがよくあります。化粧水に配合されている場合は石油系界面活性剤を大量に使用していること可能性があります。石油系界面活性剤は肌のバリア機能を低下させるので、クリームで保湿をすることをおすすめします。

脇毛 脱毛 短期間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です