ケアせず後悔…(泣)

私が一人目を妊娠した時は20代前半でした。子どもがそんなに大きくなかった為、安定期まではお腹もあまり出ていませんでした。それもあり、妊娠線予防クリームは少し高く他の保湿クリームをたまに塗る程度でした。そのうちそれも面倒になり完全放置となった臨月に事件が…!!

いつものように腹帯を巻こうとふと鏡を見ると、下腹に縦に赤紫の線が何本かありました。最初はそれが妊娠線だとは気付かずビックリ!もしかして妊娠線!?と、気付いた時はすでに遅くばっちり残ってしまいました。最後の最後で子どもが急に大きくなったのもあったのかもしれません。

でも、何よりケアをしなかった事が一番だったかと思います。そして時は経ち10数年。今度は二人目を妊娠。もう、ばっちり残っている妊娠線なのであまり気にしなくてもいいかと思いつつもこれ以上はちょっと…と、今度は普通の全身に使えるクリームを毎日塗るようになりました。二人目は一人目の時より更に小さめだったので、毎回下腹辺りは見えたので毎日確認しながら塗っていたら全く出来ませんでした。

出産を終えた知り合いや友人みんなに妊娠線の有無を確認すると、出来なかった人は妊娠前に普通体型だった人や、皮膚が柔らかいか伸びる人が多かったです。。私は標準より少し太っていたのでそれもあったのかもしれません。 一人目出産からしばらくして、太ももや膝の裏に肉割れした跡も見つけました。

妊娠中の体重管理ももちろんですが、やはり安くともクリームはちゃんと塗るべきだと今更ながらに思います。昔は母親の勲章だと言いましたが、それももう古いのかもしれません。

臨月にできた妊娠線がひどいときはこちらをチェック!

私のお腹の真ん中の部分には正中線がある

私は中学生の頃に、お風呂から上がった後に自分の体をよく見た時に、自分のお腹の真ん中の部分に線が入ってることに気が付きました。「どうして自分のお腹の真ん中の部分に線が入っているんだろう・・・?」と思い、とても不思議に思いました。本当に自分のお腹の中心部に縦の線が入っていて、私はその時「きっとこの線は本当に中心に綺麗に線が入っているから、生まれた時から入っている線だろうな~」と思いました。私はそのお腹の中心部に入っている縦の線を見て、自分も人間と言う動物で体にこういう線が入るものなんだなと思いました。

私はそのお腹の中心部に入っている縦の線のことを、インターネットで調べてみました。すると、嘘のお腹の中心部に入っている縦の線は、正中線という名前の線であることが分かりました。そしてインターネットで正中線を調べると、正中線は私が考えていた通りに生まれた時からある体にある線ということが分かりました。きっと日本人は、正中線のことを知らない人も多いと思います。私もインターネットで正中線のことを調べるまで、正中線という名前を知りませんでした。

正中線は体にあっても害があるものではないので、体に正中線があっても何も治療しなくても良いので安心です。正中線があることで困るのは、正中線が濃い色をしていて結構目立っていると、夏に水着を着た時に正中線が目立ってしまうことだと思います。なので正中線が濃い色をしている人は、夏に水着を着る時は目立ってしまって少し可哀想だな~と思います。

肉割れ 消す クリーム

妊娠線を作らないようにするために

妊娠して大きくなっていくお腹に喜びも多いですが、反対に妊娠線ができてしまわないかが心配です。妊娠線ができる原因として、お腹が急激に大きくなることにより、皮膚が引っ張られてしまいます。妊娠中はホルモンの関係でコラーゲンが作りづらくなり肌は弾力と潤いが少ない状態です。その状態で皮膚が引っ張られてしまい、肉割れを起こしてしまったものが妊娠線になるのです。

では妊娠線を作らないようにするには、どうしたらいいのかと言うと、まず体重が急増しないように管理をすることが大切です。必要以上に体重が増加すると脂肪も増えてしまいますし、脂肪でお腹が大きくなるぶん余計に皮膚が引っ張られる原因になります。

次に大切なことは保湿です。上記でも述べたように妊娠中は肌の潤いが少ない状態ですので、保湿クリームやオイルを使いましょう。そして保湿は毎日継続して行うことが大切です。

わたしの場合もお風呂上がりの他にも気になった時にクリームを塗っていました。妊娠初期から妊娠予防を塗っていたおかげか、妊娠線はできませんでした。体重管理も、つわりがなくなった安定期の頃から食欲が増してしまい、食事コントロールが大変でしたが、妊娠線ができないように低カロリーなものでお腹を満たして太らないように気をつけていました。

妊娠生活は長いですし、日々重たくなっていく身体に思うように動かずストレスも溜まりがちになります。けれども後悔しないように、妊娠線を作らないよう初期から予防することが大切です。

ストレッチマークを消すクリームでアフターケア☆

ツボ押しをすると、かなり効果的

忙しい日が続くと、どうしても睡眠不足に陥って、目の下にクマができてしまします。
しかも最悪なことに、それを放置してしまうと、クマが慢性化してしまって、色素沈着みたいな感じになるので注意が必要です。
そうならないためには、クマができたらすぐに何かしらの対策を講じる、これに尽きるんですよね。

ちなみに今私がハマっているのはツボ押しです。
目の周りには、いくつかの”クマに効果的なツボ”がありまして、それを刺激してやると、自然とクマが解消していくんです。
目の疲労軽減効果もありますし、視界がすっきりしてリフレッシュ効果も得られますよ。

ただし、いくら気持ちがいいからと言っても、強く押しすぎるのはよくありません。
そうしてしまうと、かえってクマを悪化っせてしまいかねませんし、単にお肌を傷つける結果となってしまうからです。
ですから、目の周りのツボを押す際には、あくまでも程よい力で、気持ちいいと感じる程度で臨むことが重要です。

あと、ツボ押しをするタイミングも重要です。基本的には目が疲れてきたなあ、と思った時にするのが一番ですが、食後は避けた方がベターです。
食後にツボ押しをしてしまうと、消化を妨げる可能性があり、体にとってはかなりのストレスになります。

あとは、入浴前もやめた方がいいでしょう。
入浴前にツボ押しをしてしまえば、せっかく調整された体のめぐりが台無しになってしまうからです。
入浴後はまったく問題ありません。とまあ、こういったことに気を付けて、ツボ押しを実践すれば、目のクマは効率的に解消するでしょう。

アイクリーム 保湿 おすすめ