妊娠線を作らないようにするために

妊娠して大きくなっていくお腹に喜びも多いですが、反対に妊娠線ができてしまわないかが心配です。妊娠線ができる原因として、お腹が急激に大きくなることにより、皮膚が引っ張られてしまいます。妊娠中はホルモンの関係でコラーゲンが作りづらくなり肌は弾力と潤いが少ない状態です。その状態で皮膚が引っ張られてしまい、肉割れを起こしてしまったものが妊娠線になるのです。

では妊娠線を作らないようにするには、どうしたらいいのかと言うと、まず体重が急増しないように管理をすることが大切です。必要以上に体重が増加すると脂肪も増えてしまいますし、脂肪でお腹が大きくなるぶん余計に皮膚が引っ張られる原因になります。

次に大切なことは保湿です。上記でも述べたように妊娠中は肌の潤いが少ない状態ですので、保湿クリームやオイルを使いましょう。そして保湿は毎日継続して行うことが大切です。

わたしの場合もお風呂上がりの他にも気になった時にクリームを塗っていました。妊娠初期から妊娠予防を塗っていたおかげか、妊娠線はできませんでした。体重管理も、つわりがなくなった安定期の頃から食欲が増してしまい、食事コントロールが大変でしたが、妊娠線ができないように低カロリーなものでお腹を満たして太らないように気をつけていました。

妊娠生活は長いですし、日々重たくなっていく身体に思うように動かずストレスも溜まりがちになります。けれども後悔しないように、妊娠線を作らないよう初期から予防することが大切です。

ストレッチマークを消すクリームでアフターケア☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です